診療のご案内

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは
“眠っている時に呼吸が止まってしまう病気”です。
睡眠時無呼吸症候群は無呼吸状態(10秒以上呼吸が止まった状態)が

①一晩に30回以上

②1時間あたり5回以上

睡眠時無呼吸症候群

のいずれかを認めるものと定義されています。
自分の眠っている状態を把握している方はほとんどいらっしゃいませんので、 睡眠時無呼吸症候群と自覚されていない方が多くいると推測されています。

睡眠時無呼吸症候群の原因

鼻やのどに何らかの問題があると、睡眠中の気道が狭くなったり、気道が塞がってしまい無呼吸状態になります。

  • 加齢などにより筋力が低下している方
  • 肥満などにより舌が太くなり顎におさまらない方
  • 骨格が小さく、特に顎が小さい方
  • 口呼吸になっている方

睡眠時無呼吸症候群の原因

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時無呼吸症候群の症状はいびきをかいたり、呼吸が止まるだけではありません。
その他にも下記のような症状を伴うことがあります。

寝ている時の症状

  • 目が覚めやすい、眠りが浅い
  • トイレに何度も行く
  • 苦しくて目が覚める

朝起きたときの症状

  • 起床時に口や喉が渇いている
  • 起床時に頭痛がある
  • 疲労感、倦怠感が残っている

起きている時の症状

  • 日中の強い眠気や居眠りがある
  • 集中力が続かない
  • 慢性的な疲労感がある

睡眠時無呼吸症候群が引き起こす合併症

睡眠時無呼吸症候群(SAS)を治療をせずに放っておくと、生活習慣病等の様々な疾患を引き起こします。

睡眠時無呼吸症候群と関係があるとされている疾患

  • 高血圧
  • 心臓病
  • 脳卒中
  • 糖尿病

睡眠時無呼吸症候群が引き起こす合併症

睡眠時無呼吸症候群の診断の流れ

当院における睡眠時無呼吸症候群の診療は次のような流れになります。

問診

既往歴や健康状態、昼間の強い眠気、睡眠中のいびきの有無、生活習慣などをお聞きし、鼻やのどの異常がないかについて内視鏡を用いた検査を行います。

睡眠状態の「検査」

問診により睡眠時無呼吸症候群の疑いがあると診断された場合、簡易アプノモニターと呼ばれる睡眠時無呼吸症候群の検査機器をご自宅に郵送します。
ご自身で装着の上、就寝していただきます。 この結果を後日当院で説明します。

睡眠時無呼吸症候群の治療法と対策

睡眠時無呼吸症候群の大きな原因の一つは肥満です。
治療と同時に根本的な生活習慣の改善を図る必要があります。

それを前提とした上で、当院ではCPAP療法を行っています。

CPAP療法

CPAP療法とは、持続陽圧呼吸療法“Continuous Positive Airway Pressure”の頭文字をとっています。睡眠時無呼吸症候群の治療として欧米、日本で最も普及している治療法です。
睡眠時、鼻にマスクを装着し、鼻から気道へ常に空気を送り続け、気道が開いている状態にし、いつでも呼吸できる状態にする治療法です。

その他には比較的軽度な睡眠時無呼吸症候群ではマウスピースでの治療、アデノイドや扁桃肥大などが原因の場合は外科的手術をお勧めすることもあります。これらの場合、当院では行えませんので、提携病院を紹介致します。

耳鼻咽喉科で診療する病気について

耳の病気

閉じる

鼻の病気

閉じる

CLINIC INFO

診療時間

診療時間

木曜、土曜午後、日曜、祝日

土曜日は午前9:00~午後1:00の診療となります。

ひろた耳鼻咽喉科医院

〒607-8306 京都市山科区西野山中鳥井町75-1

  • 京阪バス 「大石神社」バス停下車すぐ
  • 地下鉄東西線「椥辻(なぎつじ)」駅下車 徒歩15分
  • 駐車場: 10台

075-594-1133

予約専用 050-5577-7067

順番予約はこちら

アクセスMAP

  • 予約専用電話は自動音声案内です。
  • 順番予約は当日朝7時から

オンライン予約はこちら

ひろた耳鼻咽喉科医院監修 副鼻腔炎・蓄膿症(ちくのう)専門サイト

採用情報

京都市山科区新十条通り 耳鼻咽喉科 ひろた耳鼻咽喉科医院

京都市山科区新十条通り 耳鼻咽喉科 ひろた耳鼻咽喉科医院

主な診療内容

耳鼻咽喉科

クリニック所在地

〒607-8306
京都市山科区西野山中鳥井町75-1

お問い合わせ電話 075-594-1133

  • 京阪バス
    「大石神社」バス停下車すぐ
  • 地下鉄東西線「椥辻(なぎつじ)」駅下車 徒歩15分
  • 駐車場: 10台

マップを見る