診療のご案内

舌下免疫療法(スギ花粉)

花粉症の新しい治療法!舌下免疫療法!

花粉症の治療法は大きく分けると対症療法と根治治療に分けることができ、
それぞれにも下記のようないくつかの治療法があります。

対症療法

1. 初期療法

花粉が飛散する直前から抗アレルギー薬を使用することで、花粉飛散期の症状を軽減できます。

  • 花粉飛散期の症状の出現を遅らせます。
  • 花粉飛散量が多い時期の症状を軽減します。
  • 併用する薬の種類や量、回数を少なくすることができます。

2. 投薬療法

花粉飛散後に症状が出てから薬を使用することで症状を軽減します。
ほとんどの花粉症の方がこの治療法を行っています。

  • 症状を軽減します。
  • 薬の種類によっては眠気や口の乾きなどの副作用が強くあらわれます。

3. CO2レーザー治療

出力の弱いレーザーを鼻の粘膜に照射することにより、花粉に過敏になった粘膜の感受性を低下させる治療法です。花粉の他にダニ、ハウスダストなどのアレルゲンにも有効です

  • 特に鼻閉症状が大きく改善し、効果は通常1~2年持続します。
  • 粘膜が元に戻れば、症状が再発する可能性があります。

4. 原因抗原の除去と回避

日常生活を見直し、花粉から回避することで症状を軽減します。
外出時にマスク・メガネを着用する、洗濯物を外に干さない、こまめに掃除をするetc.

  • こまめに実行することで症状をかなり軽くすることができます。
  • 日常生活を変える必要があるので継続することが難しい場合が多いです。

根治治療

抗原特異的免疫療法(皮下免疫療法・舌下免疫療法)

スギ花粉に対して徐々に免疫をつける治療法です。
他の治療法と比較した場合、長期間にわたって症状の軽快が期待できる治療法です。

  • 体質が改善し、症状が現れなくなることもあります。
  • 治療期間が長くなり、時には副作用を引き起こす可能性があります。

抗原特異的免疫療法とは

抗原特異的免疫療法とは花粉症の原因物質をごく少量から体内に取り入れ、少しずつ量を増やしながらこれを繰り返します。アレルギーが起こらないように体を慣らしていく治療法です。
根本的な体質改善を期待する方法で、2種類(舌下免疫療法・皮下免疫療法)あります。

舌下免疫療法

2014年10月にスギ花粉症に対する舌下免疫療法の保険診療が開始されました。スギ花粉症に対する舌下免疫療法は、スギ花粉のエキスを毎日舌下に投与することで、スギ花粉に対するアレルギー症状を和らげる治療法です。 治療効果として、10~20%の人は症状が消失し、80%程度の人には症状の改善効果が期待できます。

舌下液の場合

舌下液の場合

最初の2週間は徐々に量を増やし(増量期)、3週目からは同じ量の薬を舌下投与します(維持期)。

舌下液の場合

舌下錠の場合

最初の1週間は低用量の舌下錠から開始し、2週目からはずっと同じ量の薬を舌下投与します(2019年6月までは2週間投与となるため、2週間ごとの通院が必要となります)。

通常、舌下液・舌下錠共に治療期間は最低でも2年間必要です。

皮下免疫療法

アレルゲン(スギやヒノキ、ダニ)を含んだ注射を低濃度から開始し、徐々に濃度を上げていきます。毎週1回の注射を3ヶ月(12週間)続けます。その後は間隔をあけて毎月1回の注射を3年以上継続します。根気よく、計画的に通院していただく必要があります。また、アナフィラキシーといわれるアレルギー反応が起こる可能性もあります。(当院では現在行っておりません)

舌下免疫療法と皮下免疫両方の比較

以下のように舌下免疫療法は皮下免疫療法よりもメリットが多いです。

舌下免疫療法 皮下免疫療法
投与方法 舌下投与 皮下注射
投与場所 自宅(初回のみ医療機関) 医療機関
痛み なし あり
重篤な副作用のリスク ほとんどなし 稀に
治療期間 最低2年以上 3~5年
治療効果 8割以上の方が改善 7~8割の方が改善

スギ花粉症に対する舌下免疫療法の効果

舌下免疫療法の効果

  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状が軽くなる、または消失する
  • 涙目、目のかゆみの症状が軽くなる、または消失する
  • 花粉飛散期のアレルギー治療薬の減量、または使用しなくてすむ
  • 花粉シーズンの生活が楽になる(QOLの改善)

このような方にお勧めです

  • 治療期間が長くても、スギ花粉に対するアレルギーがなくなることを望んでいる方
  • 飲み薬やスプレーをしてもあまり効果がない方
  • 眠気や口の乾きなど内服薬の副作用がひどい方
  • レーザー治療に抵抗がある方、または行なっても症状が改善しなかった方

スギ花粉症に対する舌下免疫療法の注意点

舌下免疫療法を行う前に

  • スギ花粉の治療法であるため、その他のアレルギー(ヒノキ、カモガヤなどの花粉)では効果が期待できません。
  • 舌下免疫療法により、全てのスギ花粉症患者さんが完全に治癒するわけではありません。

以下のいずれかがあてはまる方は治療を受けることができません。

  • 5歳未満の小児の方
  • 重い気管支喘息の方
  • スギ花粉症ではない方

下記にあてはまる方は治療に際して注意が必要です。

  • アレルゲンを使った治療や検査、またはスギ花粉を含んだ食べ物によってアレルギー症状を起こしたことがある方
  • 気管支喘息の方
  • 高齢の方
  • 妊婦の方、授乳中の方
  • 抜歯や口の中の術後、または口の中に傷や炎症などがある方
  • 重症の心疾患、肺疾患及び高血圧症がある方
  • 他に服用中のお薬がある方(非選択的β遮断薬、三環系抗うつ薬 etc.)
  • 全身性ステロイド薬の投与を受けている方
  • スギ花粉以外のアレルゲンに対しても反応性が高い方

スギ花粉症に対する舌下免疫療法の具体的な流れ

治療開始時期

治療は6月~12月の間にスタートします。安全性の面からスギ花粉の飛散が始まる直前や飛散時期(1~5月)は新規で治療を開始できません。

治療期間

通常、治療期間は3~5年必要です。最低でも2年以上は治療を継続してください。

耳鼻咽喉科で診療する病気について

耳の病気

閉じる

鼻の病気

閉じる

CLINIC INFO

診療時間

診療時間

木曜、土曜午後、日曜、祝日

土曜日は午前9:00~午後1:00の診療となります。

ひろた耳鼻咽喉科医院

〒607-8306 京都市山科区西野山中鳥井町75-1

  • 京阪バス 「大石神社」バス停下車すぐ
  • 地下鉄東西線「椥辻(なぎつじ)」駅下車 徒歩15分
  • 駐車場: 10台

075-594-1133

予約専用 050-5577-7067

順番予約はこちら

アクセスMAP

  • 予約専用電話は自動音声案内です。
  • 順番予約は当日朝7時から

オンライン予約はこちら

ひろた耳鼻咽喉科医院監修 副鼻腔炎・蓄膿症(ちくのう)専門サイト

採用情報

京都市山科区新十条通り 耳鼻咽喉科 ひろた耳鼻咽喉科医院

京都市山科区新十条通り 耳鼻咽喉科 ひろた耳鼻咽喉科医院

主な診療内容

耳鼻咽喉科

クリニック所在地

〒607-8306
京都市山科区西野山中鳥井町75-1

お問い合わせ電話 075-594-1133

  • 京阪バス
    「大石神社」バス停下車すぐ
  • 地下鉄東西線「椥辻(なぎつじ)」駅下車 徒歩15分
  • 駐車場: 10台

マップを見る